ホーム  >

田村仁志'sこらむ


店主の田村仁志が、日々のひとりごとを綴ったコラムです。

【 2014年8月29日 】 人魚伝説




人魚の肉を食べてしまった娘が、八百年生きて、全国各地を行脚して回り、最後に洞窟の入り口に椿を植えて、鐘の音が消えたら、死んだと思ってと言い残して入洞。八百比丘尼伝説です。小浜にこられたら、是非入定洞にお立ち寄りください。


【 2014年8月29日 】 人魚伝説




人魚の肉を食べてしまった娘が、八百年生きて、全国各地を行脚して回り、最後に洞窟の入り口に椿を植えて、鐘の音が消えたら、死んだと思ってと言い残して入洞。八百比丘尼伝説です。小浜にこられたら、是非入定洞にお立ち寄りください。


【 2014年8月27日 】 今朝の水揚げ




今朝は少し、馴染みのないお魚を。地元で、バト、と呼ばれているマトウ鯛。模様が的のようなので、的鯛、また、馬の顔に似てるから、馬頭鯛。など諸説がいっぱい。言われてみれば、そんな感じですね。で、地元では、バト。白身でサッパリ。刺身、煮付け、昆布〆、洋風にソテー、香草焼き、などキリッと冷えた白ワインで頂きたいですね。もうひとつは、ホウボウ、刺身、煮付け、味噌汁、鍋に。洋風にはブイヤベースに、おこぜを加えると、完璧です。