ホーム  >

田村仁志'sこらむ


店主の田村仁志が、日々のひとりごとを綴ったコラムです。

【 2014年7月31日 】 虎魚




これ以上醜い顔はない、と云うほどの魚、おこぜ、は、背びれに毒針があり、それに刺されると大変なことになります。海水浴などで岩場で刺される事故があり、怖い存在の魚です。しかし、針を取り除いてから、刺身にしたり、唐揚げなどは本当においしいものです。又、アラは、味噌汁にすると、いい出汁が出て絶品です。


【 2014年7月29日 】 今朝の市場




夏枯れと言う言葉がありますが、小浜の漁が正にそんな状態です。しかし、今朝は74キロのカジキが、揚がりました。これから、秋にかけて水揚げも増えて、旬をむかえます。お刺身が、ベストですね。また、ハラスは照り焼きなんか旨いですね。


【 2014年7月27日 】 海のフェスタ二日目




昨日は、37度の猛暑日で、暑くて汗だくに。しかし、海王丸が帆をあげるとあって、沢山の人がおみえになりました。あいにく風が強くて、全部の帆を張ることはできませんでしたが、その姿にしばらく見とれていました。朝からの雨もやみ、また、暑くなりそうです。