ホーム  >  鯖街道とは?  >

若狭から京へ


鯖街道とは?

若狭と京都を結ぶかつての峠を今では一般的に鯖街道とよんでいるようです。何本もあるそのルートの中で、小浜市上根来〜朽木村針畑〜京都市久多〜鞍馬へのルートは途中3つの坂を越えなければならないが、すべて自分の足だけが頼りの歩いてしか行けない道で、往時をしのぶ鯖街道に値する。
江戸時代、男の足で1日約10里(40km)歩いたという。京都までちょうど2日かかる計算だ。道草を食いながらでも歩いてみよう。

[予告] 2016年5月7日(土)・8日(日)参加者募集!!
第11回鯖街道体験ウォーキング
 インストラクターがお世話いたします。

出発 いづみ町商店街
着地 出町商店街
募集人員 40名
申込締切 2015年4月22日(金) 定員になり次第締め切ります。
参加費 23,000円(小学生18,000円)

※お申し込み先※
若狭湾観光株式会社
鯖街道体験ウォーキング実行委員会
FAX 0770-52-1230
E-mail isan.saba@gmail.com

※お問い合わせ先※
実行委員会事務局
TEL 090-6274-0020

詳細はコチラ[PDF]

Get ADOBE READER
PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe(R) Acrobat(R) Reader」または「Adobe(R) Reader」が必要です。
Adobe Readerは、左の「Get Adobe Reader」のボタンから入手(ダウンロード)できます。